2017年03月21日

平成28年度かながわレッドリボン賞を受賞しました。

本日、平成28年度かながわレッドリボン賞の表彰式があり、当団体が団体の部で受賞しました。
この「かながわレッドリボン賞」は、HIV感染拡大防止と感染者に対する偏見や差別のない社会をつくるために、神奈川県エイズ対策推進協議会が平成8年度に設けた賞で、神奈川県内においてエイズの正しい理解と支援について普及・啓発に努めてこられた個人や団体を表彰するものです。
当団体ではMSM(男性同性愛者)を対象にした予防啓発を2007年から15年間行っており、レッドリボン賞の受賞は平成16年度に続き2回目の受賞になります。
これもひとえに、皆様のご支援の賜物と、心よりお礼申し上げます。

レッドリボン賞レッドリボン賞賞状

受賞は2回目になりますが、1回目の受賞(平成16年度)はゲイバーや野外ハッテン場におけるコンドームアウトリーチの表彰でししたが、今回は予防啓発をはじめ、性的マノリティの居場所作り、カウンセリングや電話相談、学校向けの講演活動、HIV検査など総合的な活動が評価され2回目の受賞に至りました。
現在の総合的な活動のベースができたのは、平成19年度からの神奈川県との協働事業でした。
今思い起こせば、当時は同性愛者やHIVに対する偏見や差別は大きいものがありました。
コミュニティセンターの場所を探すために不動産さんを周りをしてましたが、HIV検査と同性愛者が集まる施設ということで次から次と断られました。「私はいいけど、他のテナントさんがね・・・」という大家さんもいました。
そして、30件目のときは、神奈川県のエイズ担当の職員さんに同行していただき、ようやく賃貸契約を結ぶことができました。
また、性感染症の授業である高校に行った際は、校長先生から「同性愛の話はしないでください」と釘をさされたことがありました。このとき、教育の現場で同性愛者など性的マイノリティがタブー視されてることを目の当たりにされました。
そして、平成21年度からは神奈川県教育委員会が協働事業に関わるようになり、今では教育の理解も高まってきました。
神奈川県との協働事業は平成23年度で終了したことにより、財政的なピンチになりましたが、平成28年度から横浜市からの補助金により継続的な活動ができるようになりました。
このように当団体は、いろいろな問題にぶちあたりながらも、行政・教育をはじめ、多くの方々に助けられてきました。

性的マイノリティやHIV/AIDSに関する差別や偏見はまだまだいろいろな課題があります。
誰もが自分らしく生きられる社会を目指し、一つ一つ地道に活動を続けていく所存です。
この賞に恥じないようより一層努力していく所存ですので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

(認定)特定非営利活動法人SHIP 代表 星野慎二
posted by SHIP at 21:14| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: