2016年03月26日

横浜市LGBT相談(2016年度)

横浜市ではLGBT相談を月2回実施しています。

同性を好きな人や性別に違和感のある方やその家族の方の悩みに、専門の相談員が対応します。

日時: 

4/14(木)、4/18(月)
5/9(月)、5/19(木)
6/6(月)、6/30(木)
7/4(月)、7/14(木)
8/4(木)、8/18(木)
9/15(木)、9/26(月)
10/13(木)、10/17(月)
11/7(月)、11/17(木)
12/1(木)、12/19(月)
1/19 (木)、1/30(月)
2/16(木)、2/20(月)
3/16(木)、3/27(月)

  時間はいずれも、14:00〜14:45、15:00〜15:45の2回

相談時間: 1回 45分です。

料金: 無料

予約・問い合わせ: 
  事前に電話で予約してください。
   電話:045−594―6160
  (水・金・土 16:00 〜 21:00、日曜 14:00 〜 18:00)
  特定非営利活動法人SHIPが受託してます。

会場: 横浜市青少年相談センター
   (横浜市南区浦舟町3-44-2)
   市営地下鉄 阪東橋駅 徒歩7分

map.jpg



<<セクシュアルマイノリティ当事者の方からの相談例>>
セクシュアリティ(性的なあり方)について
同性を好きになってしまったが、同性愛者なのかわからない。
セクシュアリティ(自分の性的なあり方)をオープンにしてカウンセリングが受けたい。(会社や学校での対人関係など、困っていること自体が直接セクシュアリティと関係なくてもかまいません)


カミングアウトについて
自分が同性愛者であることを周りの人に言えない、言いたいがどうしたらいいかわからない。
カミングアウトをしたが、相手が動揺してしまい困っている。


HIVや性行動について
HIVに感染しているが、周りの人との関係について相談したい。
自分の性行動をみなおしたい。
HIVや性感染症の知識はあるが、うまく予防行動に結びつけられないので改善したい。


人間関係について
ゲイバーなどゲイコミュニティの中の人間関係や友人関係で困っている。
パートナーとの関係について相談したい。


周囲の方(家族・先生)からの相談例
子どもの部屋で同性愛雑誌を見つけてしまった。
子どもから同性愛者であることを告白されたが動揺している、気持ちの整理がしたい。


上記は相談の一例です。それ以外のこと、ささいなことでも構いません。お気軽にご相談ください
posted by SHIP at 22:06| Comment(0) | 横浜市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: